2015ノーベル物理学賞 連載143

2015ノーベル物理学賞 連載143

●日本科学未来館にあるスーパーカミオカンデの展示。梶田さんご本人監修とのこと。 2015年のノーベル物理学賞に、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章(かじたたかあき)さんが選ばれました。日本人でノーベル賞を受賞したのはアメリカ国籍を取得した人 …

世界へ!高速鉄道車両のデザイン 連載150

年々、ビジネスとしてのデザインは、そのスピードを増し、売り込み中でもイメージを視覚的に見せること、理解してもらいながら進める必要もある。また、「モノ」によっては資料やデータなどを読みとりながらスケッチとして提案することもある。こう書くと、「 …

夏休み東京駅探訪 連載141

夏休み東京駅探訪 連載141

●鮮やかな秋田新幹線が並ぶ。ダイナミック! 「夏休み東京駅探訪」 長い夏休みが終わりました。猛暑日が続いたことが嘘のようにめっきり涼しくなりました。 小学校夏休み。起床、朝ご飯、昼ご飯、おやつ、夕ご飯、就寝、起床、そして「今日はどこ行くの? …

「デザインのオリジナル」をつくる 連載149

オリンピックエンブレムがマスコミに発表されて以来、そのオリジナリティが問題視され、インターネット上でも炎上している・・・。 問題は、他作品との比較による類似性、使用されているパーツや色彩などの相似性の印象だろう。「なんとなく似ている?」、「 …

私のもう一つの研究のテーマに連載148

もう、数十年も前の話になる・・・。 ドイツのバーデンバーデン州の博物館を訪れた時だ。新旧の「うつわ」を並べた特別展が開催されていた。 古い「うつわ」はギリシャやローマ時代以降の職人が作りだしたものだったろうか?新しい方は、現代の職人や作家、 …

浮いて待て 連載140

浮いて待て 連載140

子ども達は夏休みに入りました。お父さん、お母さん、毎日毎日お子さんの世話、お疲れさまです。 楽しく夏休みを過ごしたいところですが、痛ましい事故のニュースが連日伝えられています。 やはり夏、水の事故が多いです。小さな子どもや中高生、大人までも …

自ら身体を実感する日々 連載147

「朝起きると(といっても九時過ぎだが)、身体はまだばらばらのような気がする。脚は脚、腰は腰、肩は肩、腕は腕、とそれぞれが勝手に散らばっている感じなのである。 ベッドに横向きに座って床に足をおろそうとする頃になってようやく少しずつあちこちが目 …

公共交通――大量輸送車両のデザイン 連載145 

北陸新幹線車両・・・・ 北陸を駆ける、「和の未来」。日本に受け継がれてきた和の価値や美意識に光を当て、さらに未来へとつないでいきたいという願いが込められています。スピード感と精悍さを表現したエクステリアデザイン流れるようなワンモーションライ …