「21世紀は日本の世紀!のはずでは」 連載67

アメリカであるものを発明した、と発表した。 それは我が国では数年も前に発明していたものだ、とロシア。 そのころ、我が国ではせっせとそれを船積みしていた・・・。 ・・・・ どの新聞だったか・・・。 そんなコラムを読んで思わず吹き出してしまった …

「高速道路民営化」のその後は

 最近、連休を利用して往復800kmの高速道路旅行をしてみました。公団から民間会社になったのは、2005年の10月ですから、2年前後たったことになります。 民営化後も、一部利用したことはありましたが、民営化を“意識”して利用してませんでした …

「新幹線・高速鉄道車両のデザイン」 連載65

先頃、「鉄道発祥の地である英国で日本製の車両が、はじめて走る」と新聞やテレビで報じていた。 英仏を結ぶユーロスターの新路線で、ロンドン周辺を運行する高速通勤電車に日立製作所製の車両が採用され、同時に南東部アシュフオードの保守整備拠点でメンテ …

「羽田空港行き直行バス」が実現

Eco Smart活動の中で、特定地域活動の重要性に気づき、横浜市都筑区に「つづき未来研究所」をバーチャルで開設した時、「5提案」の1つとして提案したものです。 提案内容:「国際バスターミナルの新設→成田・羽田空港行き直行バスを」。 提案の …

「生きぬく力」学ぶ心、考える心と行動を 連載64

ひとは与えられた社会や文化的な環境の中で生まれ父母、兄弟、友人、そして、様々な人たちとの複雑な人間関係をとりむすびながら生きてゆくことになります。 もとより、本人が目標を持って生まれるわけではないので、周辺の思惑と両親の期待、幼児期、学童期 …

「才能ない」進路に迷い         日本画家・千住博氏の取材記事から 連載63

「白い大画面とのにらめっこが続く。見えないバリアに阻まれて、筆が入らない。足が前に出ない。ニュヨークのアトリエで時間だけが過ぎていった。 『時間はどれだけかかってもいいから本当に良いものを』と言われていた。 千年残る仕事だ。絶対、代表作にし …

「環境共生型立体駐車場」が実現

「環境共生型立体駐車場」が実現

横浜都筑区の某マンションで、「環境共生型立体駐車場」が完成しました。 90年代初めに建設されたこのマンションは、駐車場率が80%だったため、抽選漏れ住民の「外部駐車場利用による不満(遠い)」がありました。また、当選者による機械式駐車場利用は …

「住みよい国、日本・」 連載62

紙面の隅に小さく、「住みよい国、日本」という文字が目にとまった。 「ニューヨークのホテル?ロンドンの地下鉄の初乗りが千円・・・」 これは「最近の円安のせいでは?」 読みながら、「円の対ドル、対ユーロの均衡レートが不自然ではないのか?」とも考 …