AI・人工知能ロボットⅲ 工夫(device) 連載84

AI・人工知能ロボットⅲ 工夫(device) 連載84

人工知能の導入・成長期は賛否両論の意見が噴き出す試行錯誤状態 人とAIロボット、どちらがどちらに隷属・服従・従属するのか?… AIによって人は本当に楽に幸せになれるのか? AIロボットの未来は『ロボット憲章』の「お役に立てて幸いです」がいい …

AI・人工知能搭載ロボットⅡ 工夫(device) 連載83

AI・人工知能搭載ロボットⅡ 工夫(device) 連載83

映画に見る人工知能ロボットに現実のロボット開発の未来が見えてくる 人工知能ロボットの開発の基本理念は『ロボット憲章』が源泉になる 人類共存の礎の一つとして国境を越えた共通理念であってほしいものです 人と人の開発したデヴァイスとの共存は可能で …

AI・人工知能搭載ロボット工夫(device) 連載82

AI・人工知能搭載ロボット工夫(device) 連載82

ロボットが人の職業を減らす21世紀らしい時代を実感できますか? 人の作ったロボットが人の職業を奪うパラドックスな時代がやってきます そんな時代に生きるわれわれ人間はどう生き抜けばよいのでしょうか その答えは工夫にありそうです   道具は発想 …

工夫をドクター中松に学ぶ(device) 連載81

工夫をドクター中松に学ぶ(device) 連載81

イメージを膨らませる、アイディアを出す、デザインするなど特別な技能を身に着けた人だけの、「思いを具現化する」工程と思われがち本当にそうでしょうか?多くの人が日ごろの生活で一計を案じる姿こそ特別な技能ではなく誰にでも備わった知恵の具現化であり …

創造力は、東洋哲学の氣から 連載10

創造力は、東洋哲学の氣から 連載10

映画『クンドゥン』が教えてくれる東洋哲学の極み     1989年にノーベル平和賞を受賞したチベットのダライ・ラマ14世の、リインカネーション(輪廻転生)からインド亡命までの半生を描いた、映画『クンドゥン』(原題Kundun、監督マーティン …

脳は創造の種と根っこ 連載8

脳は創造の種と根っこ 連載8

実り多き秋も深まり美味しい食材が味覚や嗅覚、視覚を楽しませています。 私は、非日常的で格別な氣分を殻つき胡桃(くるみ)で味わうのが好きです。 殻を割りながら上手く形をとどめた実が取れた時には口に入れる手を休め胡桃の複雑で入り混んだ面白い形に …

音楽のデザイン(続) 何かが降りてきて語ったメロディ 連載6

音楽のデザイン(続) 何かが降りてきて語ったメロディ 連載6

何かが降りてきて語った、魂をふるわすメロディという言葉は普遍的常識です。 美しいメロディは頭の中を晴らし、心を洗い流してくれます。最も素晴らしいのは美しいメロディが魂をふるわせてくれることです。かつてのシャーマン、カタリベから現代に至るパフ …

音楽のデザイン 何かが降りてきて語ったメロディ 連載5

音楽のデザイン 何かが降りてきて語ったメロディ 連載5

天から降りてきたとしか想えない美しいメロディ。「上の方から降りてきた!」、最近よく耳にするフレーズです。メロディは音楽において最も重要な要素の一つで普遍的常識です。 「天からメロディが降りてきた」のではと感動し脳裏に焼き付く多くの映画音楽。 …

漢字のデザイン 連載2

漢字のデザイン 連載2

「こまる」と言う漢字を書いて、漢字の[普遍的常識]について話します。 「困る」と書き、次に困るという字に成った、その理由を推理することにします。どうしてこの字が、困るになったか?です。 就職活動が思うようにいかない時、仕事で難題に直面した時 …