仮設の銀座線渋谷駅

渋谷のヒカリエから渋谷駅周辺の定点観測をするのが好きです。銀座線渋谷駅から電車が行き来する様子がよく見えます。5年前の2012年、東急デパートがまだあります。2016年、東急デパートが削られ、渋谷駅は仮設になっています。そして今年、線路の横に新しい駅と新しい線路らしき構造物が見えます。この5年ほどで電車の色もシルバーから黄色へ変わりました。渋谷駅周辺は
おもちゃ箱をひっくり返したような面白さで、いつまでも見ていられます。
銀座線渋谷駅は今の位置からヒカリエ側、表
参道駅方向に130メートルほど移動するそうです。明治通りの上に新しい銀座線渋谷駅ができます。海抜の低いすり鉢状の渋谷駅周辺、地下鉄なのにやはり渋谷駅は地上に作られるのですね。以前はデパートの3階に駅ホームがありました。現在も地上から80段ほど仮設の階段を上ってホームに行きます。
現在の銀座線渋谷駅は乗車ホームと降車ホームが分かれていますが
、リニューアル後はホームが二つの線路に挟まれた構造になります。もちろん、ホームドアも設置されるでしょう。銀座線にかぎらず、ホームドアがない駅での転落事故はあとをたちません。目の不自由な人、小さな子ども、ベビーカー、車いすの人。ホームドアが あると安心感が全く違います。 パイプむき出しの銀座線渋谷駅はまもなく見られなくなります。これはこれでなんだかカッコイイ。新しい銀座線渋谷駅
は2019年度に誕生する予定です。
ちなみに銀座線では今、開通当時の1000形をリニューアルした特別仕様車が走っています。特別仕様車は40編成中、2編成。出会える確率は20分の1です。日中の渋谷駅でちょっと待ってみました。ちょっと、待つこと、1時間半…。出会えませんでした…。駅員さんによると特
別仕様車はほぼ毎日走っているそうですが、運行していない時間帯もあるようです。電車がフル稼働する朝や夕方のラッシュ時のほうが出会える確率が高そうです。
以前、神宮球場で野球を観た帰り、外苑 駅前から乗った車両が特別仕様車でした。レトロなデザイン、温かみのある照明。わぁ!と思いましたが、野球終わりで車内は超満員、加えて子連れ。
とても写真など撮る余裕もなく。銀座線特別仕様車、また出会えたらいいなぁ。
おもちゃ箱をひっくり返したような渋谷駅周辺。いずれリニューアルされ、すっきりお片づけされたようになるのでしょう。「片づけなさい!」と言いたいような、このまま見ていたいような。機会があれば、今しか見られない渋谷駅を上から覗いてみてください。

2012年の銀座線渋谷駅(ヒカリエから)

2016年

今年

車内から見たヒカリエ。この光景も見られなくなるかも?

Pocket
LINEで送る